コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野 省三 マキノ ショウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

牧野 省三
マキノ ショウゾウ

明治〜昭和期の映画監督,映画製作者



生年
明治11(1878)年9月22日

没年
昭和4(1929)年7月25日

出生地
京都府京都市西陣千本

別名
別名=マキノ 省三(マキノ ショウゾウ)

経歴
地方劇団員、演劇興行主を経て新設の映画会社、横田商会(のちの日活)に入り、明治41年初めての監督映画「本能寺合戦」を発表。翌年には岡山で地方回りの歌舞伎役者尾上松之助に目をつけて映画界に入れ、以後日活京都撮影所長兼重役として、大正年間に彼が主演した時代劇作品を大量製作し、松之助時代を築く。また忍術映画やアクションもののほか教育映画にも着目し、大正10年にマキノ教育映画製作所を設立。12年にはマキノプロダクションを興して日活を去り、昭和初期には革新的な時代劇映画「浪人街」を製作した。昭和3年大作「実録忠臣蔵」を最後に引退、この間約350本を製作。明治時代に映画製作を始めてから、プロデューサー、脚本家、監督など映画のあらゆる分野を開拓して“日本映画の父“といわれた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧野 省三の関連情報