コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上松之助 おのえまつのすけ

9件 の用語解説(尾上松之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾上松之助
おのえまつのすけ

[生]1875.9.18. 岡山
[没]1926.9.11. 京都
映画俳優。本名中村鶴三。最初歌舞伎俳優であったが,牧野省三監督に見出され,1909年『碁盤忠信』で映画界入り。以来 1000本以上の剣劇映画に出演,愛称「目玉の松ちゃん」でファンの人気を得,日本映画初の大スターとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

尾上松之助

無名の旅回り歌舞伎役者だったが、京都で牧野省三監督に見いだされ、1909年にデビュー。大きく目を見開いて見えを切る演技から「目玉の松ちゃん」の愛称で親しまれた。50歳で亡くなると、葬列の沿道に20万人が詰めかけたとされる。

(2015-09-07 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おのえ‐まつのすけ〔をのへ‐〕【尾上松之助】

[1875~1926]映画俳優。岡山の生まれ。本名、中村鶴三。牧野省三監督に見いだされ、多くの時代劇に主演し、「目玉の松ちゃん」の愛称で親しまれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尾上松之助【おのえまつのすけ】

映画俳優。本名中村鶴三。岡山市生れ。旅役者などを経て,1909年牧野省三に見いだされデビュー。映画草創期の時代劇スターとして1000本以上の作品に出演。忍術映画やチャンバラ映画の英雄に扮(ふん)し〈目玉の松ちゃん〉の愛称で人気があった。
→関連項目時代劇映画にっかつ(日活)[株]牧野省三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上松之助 おのえ-まつのすけ

1875-1926 明治-大正時代の映画俳優。
明治8年9月12日生まれ。旅役者となり,明治37年2代尾上松之助を襲名。牧野省三にみとめられ42年映画界にはいる。人気スター「目玉の松ちゃん」として,約1000本の時代劇映画に出演した。大正15年9月11日死去。52歳。岡山県出身。本名は中村鶴三。出演作品に「荒木又右衛門」「忠臣蔵」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尾上松之助

没年:大正15.9.11(1926)
生年:明治8.9.12(1875)
明治大正期の映画俳優,日本最初の大スター。岡山市生まれ。本名中村鶴三。幼いころより舞台に立ち,旅芝居の役者になり一座を率いて地方巡業をしていたが,映画監督の牧野省三の招きで映画界に入る。「碁盤忠信」(1909)がデビュー作。第3作「石山軍記」で目をギョロリとさせて睨みをきかせたのが人気を呼び,以来「目玉の松ちゃん」の愛称で親しまれる。以後牧野のもとで立ち回りや忍術を中心とする多くの時代劇映画に出演,特にトリック撮影による忍術映画で年少ファンのアイドルとなった。英雄,豪傑,義人,侠客などあらゆる主人公に扮し,横田商会,日活の2社を通して出演作品は1000本といわれる。主な出演作品に「自雷也」「落花の舞」「荒木又右衛門」「忠臣蔵」など。京都の等持院に葬られた。<著作>『尾上松之助自叙伝

(長崎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おのえまつのすけ【尾上松之助】

1875‐1926(明治8‐昭和1)
映画俳優。大きな目玉をぎょろりとむいて〈目玉の松ちゃん〉の愛称で親しまれた活動写真時代の時代劇(まだ〈旧劇〉と呼ばれていた)の大スター。とんぼを切り,見得を切り,ケレンがうまく,歌舞伎の当り狂言から忍術映画に至るまで,その主演映画はすべて〈松之助映画〉と呼ばれた。岡山市生れ。子ども芝居の舞台から旅役者を経て,牧野省三が経営する京都の千本座に出演。1909年,《碁盤忠信・源氏礎》を皮切りに,横田永之助(横田商会)の依頼で,牧野省三監督と組んで〈活動写真〉を撮り始め,やがて日活が創立(1912)されるとたちまち日活京都旧劇の大スターになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おのえまつのすけ【尾上松之助】

1875~1926) 映画俳優。岡山県生まれ。旅役者から牧野省三に認められる。歌舞伎・講談から取材した英雄像多数を、大正期の無声時代劇に展開。「目玉の松ちゃん」の愛称で親しまれ、一千本と自称する娯楽作品に出演。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾上松之助
おのえまつのすけ
(1875―1926)

映画俳優。本名中村鶴三。岡山市生まれ。歌舞伎(かぶき)俳優を志し、若いころより舞台に立ったが、巡業先で映画監督牧野省三にみいだされ、映画俳優となる。1909年(明治42)『碁盤忠信(ごばんただのぶ)』に初出演。以来、忍術映画や豪傑物、また侠客(きょうかく)物などに主役を演じ、身の軽さから大立回りなどにうまみをみせ、たちまちアイドル・スターとなる。大きな目をむいての大見得が独得の魅力となり、「目玉の松ちゃん」の愛称で親しまれ、サイレント期の時代劇映画に活躍した。出演作品数が1000本を超えるという記録をもち、日本映画俳優史には欠かせぬ人物である。代表作に『豪傑児雷也(じらいや)』(1921)、『荒木又右衛門(またえもん)』(1925)、『忠臣蔵』(1926)などがある。[長崎 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尾上松之助の言及

【活劇映画】より

…強盗が格闘ののちに刑事に逮捕されるという内容からして,まさしく活劇以外のなにものでもなかった。次いで,最初の映画監督牧野省三と,1909年の同監督作品《碁盤忠信》でデビューした最初の映画スター尾上松之助とのコンビが量産した約500本の映画も,ほとんどが忍術や立回りを中心としたもので,活劇と呼んでいい。こうした活劇の素地に,さらに外国映画の影響があった。…

【時代劇映画】より

…映画が活動写真と呼ばれていたように時代劇映画という呼称はまだなく,現代ものの〈新派〉に対して〈旧劇〉と呼ばれていた。この旧劇ブームの中心になったのは映画スター第1号の〈目玉の松ちゃん〉こと尾上松之助で,1909年のデビュー作《碁盤忠信・源氏礎》以来,おもに映画監督第1号の牧野省三と組んで,12年に創立された本格的な映画会社第1号の日活(日本活動写真株式会社)を舞台に,26年に死ぬまで,1000本以上の作品に出演して,絶大な人気を博した。これ以前の映画は歌舞伎や新派演劇の模写がほとんどであったから,尾上松之助を中心とする旧劇ブームとは,すなわち映画らしい映画の隆盛を意味した。…

【忠次旅日記】より

…1927年製作の伊藤大輔原作・脚本・監督の時代劇映画で,〈第一部甲州殺陣篇〉〈第二部信州血笑篇〉〈第三部御用篇〉からなる三部作。伊藤大輔の証言によれば(加藤泰編《時代劇映画の詩と真実》),当時,日活の〈重役さん〉と呼ばれた大スター尾上松之助が,〈仁義に富んだ〉忠次を演じた任俠映画に対して,これは〈無頼漢〉の忠次映画であるとして当初,反対されたため,企画を実現するためにまず初めに〈第一部甲州殺陣篇〉と題する〈無意味な〉立回りを撮り,のちに三部作をまとめて,再編集をするとき切り捨ててしまったという。〈第三部御用篇〉は,伊藤大輔が唐沢弘光カメラマンと組み,〈移動大好き〉と呼ばれて時代劇のスタイルに新風を吹き込むことになる名コンビの第1作である。…

【忠臣蔵映画】より

… 最初の忠臣蔵映画は,1907年に吉沢商店がつくった《忠臣蔵五段目》であるが,これは11世片岡仁左衛門の与市兵衛・定九郎・勘平三役による歌舞伎映画であった。その後1910年,横田商会で映画スター第1号である尾上松之助の主演で《大石内蔵助一代記》がつくられ,つづいて同年,同じ横田商会が牧野省三監督,尾上松之助の浅野内匠頭・大石内蔵助・清水一角三役で,映画ではじめての〈忠臣蔵〉全通しである《忠臣蔵》をつくった。牧野省三,尾上松之助のコンビは,こののちも日活で,同社の創立記念作品《忠臣蔵》(1912),《仮名手本忠臣蔵》(1917),最初の超大作といえる《実録忠臣蔵》(1921)など,何度も〈忠臣蔵〉を映画化した。…

【日本映画】より

…翌10年にはこれに福宝堂が加わって,4社による映画の輸入・製作・配給がいよいよ盛んになった。各社とも撮影所をもったため,風景や戦争や白瀬中尉の南極探検などの実写作品のほかに,劇映画が多くつくられるようになり,それらも歌舞伎劇や新派劇をほとんどそのまま実写したようなものではあったが,弁士の説明によるドラマ性の盛上げもあって,多大の観客を集め,そのなかから最初のスター尾上松之助を生み出すとともに,日本映画の主流は実写作品から劇映画へと移っていった。
【牧野省三と日活――映画企業の始まり】

[松之助映画のブーム]
 1912年,吉沢商店,横田商会,Mパテー商会,福宝堂の4社が合併して,日本活動写真株式会社(日活)が誕生した。…

【牧野省三】より

…25歳で千本座という芝居小屋の経営者となり,活動写真業者の横田永之助を知って,その依頼で,1908年,映画《本能寺合戦》を撮り,以後300本を超えるチャンバラ時代劇(当時は〈旧劇〉と呼ばれた)をつくって,日本映画独自のジャンルを確立した。とくに尾上松之助を発見して〈目玉の松ちゃん〉の愛称で呼ばれる日本最初のスターに仕上げ,〈忍術映画〉の数々のトリックを考え出し,〈松之助映画〉の全盛時代をつくった。省三の映画作法は〈一スジ,二ヌケ,三動作〉という名言によって知られる。…

※「尾上松之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尾上松之助の関連キーワード上山草人佐田啓二梅屋庄吉岡田桑三鈴木伝明高橋貞二トーマス栗原三宅秀諸口十九映画俳優

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾上松之助の関連情報