コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキノ マキノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マキノ

滋賀県北西部,高島市北東部の旧町域。琵琶湖北西岸にある。 1955年海津村,剣熊村,西庄村,百瀬村の4村が合体し町制。 2005年今津町,朽木村,安曇川町,高島町,新旭町の5町村と合体して高島市となった。古代の北陸道 (→西近江路 ) に沿い,海津は近代まで湖北の要津として栄えた。米作のほか林業,京友禅染色加工も行なわれ,陶器の湖西焼でも知られる。赤坂山南麓のマキノスキー場は大正期末に開かれ,かたかなの地名の由来になった。東端の景勝地大崎に大崎観音があり,海津天神社には法華経 10巻がある。湖岸と野坂山地南東部一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まきの【マキノ】

滋賀県北西部、高島市の地名。スキー場・温泉などがあり、京阪神からの観光客が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マキノ
まきの

滋賀県北西部、高島郡にあった旧町名(マキノ(ちょう))。現在は高島市の北部を占める地域。旧マキノ町は、1955年(昭和30)海津(かいづ)、剣熊(けんくま)、西庄(にししょう)、百瀬(ももせ)の4村が合併して成立。2005年(平成17)今津(いまづ)、安曇川(あどがわ)、高島、新旭(しんあさひ)の4町および朽木(くつき)村と合併して高島市となった。琵琶(びわ)湖の北西岸に位置し、野坂山地南東斜面と百瀬川の扇状地などからなる。条里地割などが残り、開発の歴史は古い。牧野扇状地は大正期にマキノスキー場として開発され、以来スキー場の町として京阪神から多くの客を集めてきた。JR湖西(こせい)線の開通を契機に、観光資源の開発にも力を入れている。農業を主産業とするが、湖岸では漁業も行われる。中心の海津は古くから湖上交通の要地として繁栄した。海津大崎は景勝地として知られ琵琶湖国定公園域。国道161号、303号も通じる。[高橋誠一]
『『マキノ町誌』(1987・マキノ町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マキノの関連情報