コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物かはの蔵人 ものかはのくろうど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物かはの蔵人 ものかはのくろうど

?-? 平安時代後期の歌人。
上西門院の蔵人徳大寺実定(さねさだ)が福原から大宮御所に妹藤原多子(たし)を慰問したとき随従。翌朝,別れをおしむ小侍従(こじじゅう)に,実定の命で「物かはと君がいひけん鳥の音(ね)の今朝しもなどか悲しかるらむ」とおくった。これにより物かはの蔵人と称される。本名は藤原経尹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

物かはの蔵人の関連キーワード上西門院

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android