コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上西門院 じょうさいもんいん

4件 の用語解説(上西門院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上西門院
じょうさいもんいん

[生]大治1(1126).7.23. 京都
[没]文治5(1189).7.20. 京都
鳥羽天皇の皇女。名は初め恂子,のち統子 (尊称皇后) 。母は中宮待賢門院藤原璋子。生れてまもなく内親王の宣下を受け,大治2 (1127) 年准三宮,同4年賀茂斎院に入った。しかし長承1 (32) 年病のため退下。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上西門院 じょうさいもんいん

1126-1189 平安時代後期,鳥羽(とば)天皇の第2皇女。
大治(だいじ)元年7月23日生まれ。母は藤原璋子(待賢門院)。後白河天皇の姉。大治元年内親王宣下をうけ,翌年賀茂斎院(かものさいいん)となる。保元(ほうげん)3年弟の後白河天皇の准母(じゅんぼ)として皇后と尊称され,翌年院号宣下をうける。歌人としても知られる。文治(ぶんじ)5年7月20日死去。64歳。名は恂子(じゅんし),のち統子(とうし)。法名は真如理。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上西門院

没年:文治5.7.20(1189.9.2)
生年:大治1.7.23(1126.8.13)
平安後期,鳥羽天皇の第2皇女。母は待賢門院藤原璋子。初め恂子といい,のち統子と改名。大治1(1126)年8月に親王宣下,翌年の4月には准三后となり,同時にわずか2歳で賀茂斎院に卜定される。長承1(1132)年6月,病のために斎院を出る。3年に行われた斎院退下の儀式に当たる唐崎の御祓では,鳥羽上皇も待賢門院も二条京極に車を連ねて見物,華やかな有様で,待賢門院の別当源師時の日記『長秋記』によれば,きわめて「端正美麗」な少女だったという。久安1(1145)年母の待賢門院が死去すると,その遺領の仁和寺法金剛院領を受け継ぎ,それがのちの上西門院領の中核となる。同母弟の雅仁親王(後白河天皇)が即位すると,保元3(1158)年にその准母として皇后となり,翌年には院号宣下を得て上西門院となる。その周りには待賢門院ゆかりの女房や侍が多く祗候しており,源頼朝の父義朝は上西門院の女房の妹を妻とし,頼朝自身も上西門院に仕えてその蔵人となり,右兵衛権佐となるなど,義朝・頼朝父子の立身にはこの女院の存在が大きかった。永暦1(1160)年に同母弟の仁和寺御室覚性入道親王を戒師として,法金剛院で出家。その死に際し,弟の後白河法皇は悲嘆のあまり数日の間,門を閉ざし誰とも会おうとしなかったと伝える。<参考文献>五味文彦「女院と女房・侍」(『院政期社会の研究』)

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上西門院
じょうさいもんいん
(1126―1189)

鳥羽(とば)天皇皇女統子(とうし)内親王の院号。母は皇后藤原璋子(しょうし)。大治(だいじ)元年7月に誕生し、8月内親王の宣下を受け、翌年4月准三宮(じゅさんぐう)となり、賀茂斎院(かもさいいん)に卜定(ぼくてい)された。1129年(大治4)斎院に入ったが、32年(長承1)6月病により退下(たいげ)。未婚内親王のまま後白河(ごしらかわ)天皇の准母(じゅんぼ)として皇后の尊称を受け、59年(平治1)2月13日院号宣下を受けた。60年(永暦1)落飾。没年64歳。[森田 悌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上西門院の関連キーワード待賢門有子内親王(1)叡子内親王禧子内親王君仁親王妍子内親王三条局(1)待賢門院加賀藤原光子通仁親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone