物付け(読み)モノツケ

大辞林 第三版の解説

ものづけ【物付け】

俳諧における付合手法の一。前句中の言葉や事柄の縁によって付ける方法。連歌でいう寄合付け(物の縁による付け合い)と詞付け(詞のみによる付け合い)との総称。貞門俳諧で特に用いられた。 → 詞付け心付け

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物付けの関連情報