心付け(読み)ココロヅケ

デジタル大辞泉「心付け」の解説

こころ‐づけ【心付け】

気をつけること。注意。配慮。心添え。
「夕飯には母親の―で一銚子付けて」〈紅葉多情多恨
世話になる人に感謝の気持ちを示すために与える金銭や品物。祝儀チップ。「使用人に心付けを渡す」
連歌・連句の付合つけあい手法の一。前句の心情表現・情趣をとらえ、その理由などを具体的に示して付ける方法。→ことば付け物付け
[類語]チップ祝儀おひねり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android