心付け(読み)ココロヅケ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐づけ【心付け】

気をつけること。注意。配慮。心添え。
「夕飯には母親の―で一銚子付けて」〈紅葉多情多恨
世話になる人に感謝の気持ちを示すために与える金銭や品物。祝儀。チップ。「使用人に心付けを渡す」
連歌・連句の付合(つけあい)手法の一。前句の心情表現・情趣をとらえ、その理由などを具体的に示して付ける方法。→詞(ことば)付け物付け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころづけ【心付け】

特別な配慮に対する感謝のしるしや祝儀として与える、小額のお金や物。チップ。 「運転手に-を渡す」
連歌・俳諧の付合つけあいの方法の一。前句の意想・心情を見定め、詞の縁や寄合を避け、その起こりや場などを具体的に示す付け方。 → 詞付け物付け
気をつけること。注意。配慮。 「兼ねて覚悟の良実を思し召しての御-、近頃忝かたじけなう存ずる/歌舞伎・名歌徳」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心付けの関連情報