コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付合 つけあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付合
つけあい

連歌,俳諧の用語。 (1) 連歌,俳諧で,5・7・5の長句に対して7・7の短句を,または7・7の短句に対して5・7・5の長句を付け合せること。またはそのようにして付け合された2句一組のこと。その先行する句を前句 (まえく) ,あとの句を付句 (つけく) という。付け方により,心付 (こころづけ) ,物付 (ものづけ) ,詞付 (ことばづけ) ,匂付 (においづけ) などさまざまの名がある。 (2) 付句のなかの物とか詞とかが,前句のなかの物とか詞とかに一読して関係のあることがわかるもの。たとえば松に鶴,柳に燕のように詩歌,故事,伝説などによって連想されるものなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つけ‐あい〔‐あひ〕【付合】

連歌・俳諧で、五・七・五の長句と七・七の短句を付け合わせること。先に出される句を前句、これに付ける句を付句という。
1で、前句と付句を関係づける契機となる語句。寄合(よりあい)よりも広く、素材・用語のほか、情趣・心情などを含む。

ふ‐ごう〔‐ガフ〕【付合/附合】

くっつけること。つけあわせること。
異なった所有者に属する2個以上の物が結合し、分離されると経済上著しく不利益をもたらすため、1個の物と認められること。動産不動産の付合の場合は原則として不動産の所有者が、動産どうしの付合の場合は主たる動産の所有者が所有権を取得する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つけあい【付合】

連歌・俳諧用語。〈寄合(よりあい)〉と同義に用いることもあるが,普通には17音節(5・7・5)の長句と14音節(7・7)の短句を,ことば,意味,情趣などを契機として付け合わせたもの,また交互に付け連ねることをいう。付合の集積によって成立した連句文芸では,発句(ほつく)以外の句をすべて付句(つけく)と呼ぶが,2句一章の最小単位では,付けられる句を前句,付ける句を付句と称する。前句が長句,付句が短句の付合は短歌に似るが,前句が独立しつつも蓋然性に富む意味内容をもち,その判断を付句の作者の読みにゆだねるという点で,短歌とはまったく異なる。

ふごう【付合】

法律上,所有者を異にする数個の物が結合され,社会的・経済的にみて新たな一個の物が成立したとみられること。たとえば,A所有地上にBがその所有する種苗を植え付ける,A所有建物につきBが増改築をするなどの場合,不動産に対し動産(種苗,建築材料)が付合したのであり,A所有の宝石または漁船にB所有のプラチナ台または発動機を,こわさなければ分離しえない程度に結合させる場合には,動産と動産が付合したのである。付合が生ずると,複数の物が一個の物となるゆえ当然その所有関係は異なってくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つけあい【付合】

連歌・俳諧で、長句(五七五)・短句(七七)を付け合わせること。また、交互に付け連ねてゆくこと。先に出された句を前句、それに付ける句を付句とよぶ。
の契機となる前句・付句にある言葉の関連性のこと。用語・題材などのほか、情趣・心情などをも含む点で、「寄合よりあい」より広い。 → 寄合

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

付合の関連キーワード取り成し付け・取成し付け向かい付け・向い付け引き違え・引違え面影付け・俤付け芭蕉翁廿五箇条見立て付け三句の渡り四つ手付け竹馬狂吟集景気付け匂い付け堀内雲鼓違い付け面影付け付従契約向い付け寄合付け通り句遠輪廻かるみ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android