コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官日誌 だじょうかんにっし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太政官日誌
だじょうかんにっし

明治新政府の成立直後から発行された日誌形式の政令記録で,『官報』の先駆。慶応4 (1868) 年2月 23日明治新政府が太政官総裁局日誌司に編集させ,京都の御用書物師村上勘兵衛に命じて発行させた。内容は太政官布告,人事異動,東征軍の戦況などが中心で,まもなく江戸でも御用書物師須原屋茂兵衛が発行した。約9年間続いて 1877年1月通巻 1177号で廃刊。その後 83年7月の『官報』の創刊までの間は,福地源一郎の『東京日日新聞』が太政官御用として,『太政官日誌』の役割をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいじょうかん‐にっし〔ダイジヤウクワン‐〕【太政官日誌】

だじょうかんにっし(太政官日誌)

だじょうかん‐にっし〔ダジヤウクワン‐〕【太政官日誌】

慶応4年(1868)2月から明治10年(1877)1月まで発行された明治政府の機関紙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だじょうかんにっし【太政官日誌】

明治政府が戊辰(ぼしん)戦役中に出版した官版日誌類の最初のもので,創刊は慶応4年(1868)2月23日,終刊は明治10年(1877)1月22日の1177号である。日誌の内容は新政府の法令,人事,伺書への回答などであって,行政広報紙あるいは官報の前身ともみることができる。発行間隔は必要に応じて月数回から連日発行までさまざまであった。当初の印刷には木版整版と木活字が用いられ,数回分をまとめ書籍形式でも頒布された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だじょうかんにっし【太政官日誌】

1868年(慶応4)から77年(明治10)に公刊された政府の日誌。政令の布告などに用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の太政官日誌の言及

【官報】より

…《官報》発行のため同年5月10日太政官(内閣)に文書局(初代局長平田東助)が設置されている。しかし《官報》は,系譜的には1868年2月23日明治新政府が京都で創刊した《太政官日誌》にさかのぼる。《太政官日誌》は77年1月まで続き1177号で中止。…

※「太政官日誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太政官日誌の関連情報