コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官日誌 だじょうかんにっし

5件 の用語解説(太政官日誌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太政官日誌
だじょうかんにっし

明治新政府の成立直後から発行された日誌形式の政令記録で,『官報』の先駆。慶応4 (1868) 年2月 23日明治新政府が太政官総裁局日誌司に編集させ,京都の御用書物師村上勘兵衛に命じて発行させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいじょうかん‐にっし〔ダイジヤウクワン‐〕【太政官日誌】

だじょうかんにっし(太政官日誌)

だじょうかん‐にっし〔ダジヤウクワン‐〕【太政官日誌】

慶応4年(1868)2月から明治10年(1877)1月まで発行された明治政府の機関紙。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だじょうかんにっし【太政官日誌】

明治政府が戊辰(ぼしん)戦役中に出版した官版日誌類の最初のもので,創刊は慶応4年(1868)2月23日,終刊は明治10年(1877)1月22日の1177号である。日誌の内容は新政府の法令,人事,伺書への回答などであって,行政広報紙あるいは官報の前身ともみることができる。発行間隔は必要に応じて月数回から連日発行までさまざまであった。当初の印刷には木版整版と木活字が用いられ,数回分をまとめ書籍形式でも頒布された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だじょうかんにっし【太政官日誌】

1868年(慶応4)から77年(明治10)に公刊された政府の日誌。政令の布告などに用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の太政官日誌の言及

【官報】より

…《官報》発行のため同年5月10日太政官(内閣)に文書局(初代局長平田東助)が設置されている。しかし《官報》は,系譜的には1868年2月23日明治新政府が京都で創刊した《太政官日誌》にさかのぼる。《太政官日誌》は77年1月まで続き1177号で中止。…

※「太政官日誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太政官日誌の関連キーワード出版法賞典禄戊辰戦争髱心戊辰旧公債戊辰戦争と宇都宮北原雅長酒井忠匡伊達邦成