コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隋書 ずいしょ Sui-shu

5件 の用語解説(隋書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隋書
ずいしょ
Sui-shu

中国,正史の一つで隋朝の歴史書。唐の魏徴長孫無忌撰。 85巻。貞観3 (629) 年成立。その志の部分には南北朝後半の記録が保存されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ずいしょ【隋書】

中国の二十四史の一。代の歴史を記したもので、太宗の勅により魏徴長孫無忌らが撰。636年、帝紀5巻、列伝50巻が成立。656年に「経籍志」など志30巻を編入し、全85巻。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ずいしょ【隋書 Suí shū】

中国,王朝38年間の歴史をあつかう正史。唐初,魏徴を総裁として編纂がはじめられた南朝の梁・陳,北朝の北斉・北周,隋の各王朝の正史は636年(貞観10)に完成,あわせて《五代史》とよばれた。《隋書》の選述にあたったのは顔師古孔穎達(くようだつ),許敬宗たちであって,短命におわった隋王朝の歴史を教訓として生かそうとする意識が随所にみとめられる。《隋書》は元来,本紀5巻と列伝50巻のみをもって構成されたが,その後656年(顕慶1)に長孫無忌(ちようそんむき)を総裁として于志寧,李淳風,韋安仁,李延寿たちが選述にあたった《五代史志》30巻が別個に完成し,やがて《隋書》につけ加えられるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ずいしょ【隋書】

中国、二十四史の一。隋の史書。八五巻。唐の太宗の命令により魏徴ぎちよう・長孫無忌ちようそんむきら編。636年、帝紀五巻・列伝五〇巻が成立。志三〇巻は別書として656年に成立し、「隋書」に編入されたもので、そのうちの経籍志は書籍についての文献として重要。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隋書
ずいしょ

中国の正史の一つ。85巻。唐の太宗の命を受けた魏徴(ぎちょう)、長孫無忌(ちょうそんむき)らが編纂(へんさん)したもので、実際の執筆者は顔師古、孔穎達(くようだつ)らである。本来は隋王朝一代の歴史記録で、「帝紀」5巻、「列伝」50巻であるが、のちにやはり太宗の命によって于志寧(うしねい)ら数人が編纂した梁(りょう)、陳、北斉(ほくせい)、北周、隋5王朝の諸制度(天文・刑法など)の記録10「志」30巻(『五代史志』という)が編入され、いまの体裁と巻数となった。なお、東夷伝(とういでん)倭国(わこく)条に『日本書紀』にない遣隋使の記事がある。[中村圭爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隋書の言及

【正史】より

…現在24もしくは25あり二十四史,二十五史とも呼ばれる。正史の呼称は《隋書》経籍志に始まり,《史記》以前の編年体の史書を古史というのに対して使われた。10世紀以後,政府によって公認された特定の史書に正史の名が冠せられ,司馬遷の《史記》にはじまり欧陽修の《五代史記》に至る歴代17種の紀伝体歴史書を十七史とした。…

※「隋書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隋書の関連キーワード漢書三国志晋書正史南史池の藻屑外史他人扱い為扱ふ那覇市歴史博物館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone