食貨志(読み)しょっかし(英語表記)Shi-huo-zhi; Shih-huo-chih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「食貨志」の解説

食貨志
しょっかし
Shi-huo-zhi; Shih-huo-chih

中国の歴代正史中,各王朝の財政を記録した編目の名。食志の名称は『書経』洪範八政に「一にいわく食,二にいわく貨」とあるによる。この名称が用いられたのは『漢書』からで,『史記』では「平準書」「貨殖列伝」がこれにあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「食貨志」の解説

しょっか‐し ショククヮ‥【食貨志】

〘名〙 中国の正史の分類の一つ。経済に関する記録。漢書その他の正史にある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「食貨志」の解説

しょっかし【食貨志 shí huò zhì】

中国の正史のなかの〈志〉の一種。土地制度,専売制度,貨幣制度など,王朝の財政経済に関する問題が記述される。《史記》では〈平準書〉とよばれていたのが,《漢書》以後,《書経》洪範篇において人間の暮しの基本とされる〈食〉すなわち食糧と〈貨〉すなわち財貨にもとづくこの名称に改まった。なお《史記》《漢書》にはもっぱら民間の商業活動を記述する〈貨殖伝〉が別個に備わる。【吉川 忠夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android