コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物性研究所 ぶっせいけんきゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物性研究所
ぶっせいけんきゅうじょ

日本の物性物理研究を欧米の水準にまで立直らせることを目的として,1957年に全国共同利用研究所として東京大学に付置された。そのため,磁性・半導体・結晶など,物性物理の総合研究を目指し,客員部門もおかれた。X線分光の研究を行うための付属施設として,軌道放射物性研究施設が設置されている。将来構想として,羅列的でなく重点主義をとり,技術開発的な要素を重視すべく論議が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

物性研究所の関連情報