物怪重宝・勿怪重宝(読み)もっけちょうほう

精選版 日本国語大辞典の解説

もっけ‐ちょうほう【物怪重宝・勿怪重宝】

〘名〙 思いがけない幸い。もっけのさいわい。
※俳諧・水馴棹(1705)四「片眼(めっかい)的に物怪(モッケ)重宝」
※浄瑠璃・新版歌祭文(お染久松)(1780)野崎村「折も有らば親方殿へ隙の事を願はふと思ふて居たが、是がほんのもっけ重宝(テウホウ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android