お染久松(読み)オソメヒサマツ

大辞林 第三版の解説

おそめひさまつ【お染久松】

1708年、大坂の油屋の娘お染と丁稚でつち久松とが、身分違いの恋から心中に至った巷説を脚色した作品類の通称。浄瑠璃「お染久松袂たもとの白しぼり」「新版歌祭文」、歌舞伎「是評判浮名読売これはひようばんうきなのよみうり」「お染久松色読販おそめひさまつうきなのよみうり」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お染久松
おそめひさまつ

浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)などの登場人物名。『戯場年表』や『実事譚(じつじたん)』などでは、1708年(宝永5)大坂・東堀の質店油屋の丁稚(でっち)久松が主家の幼女お染を誤って水死させ、申しわけに土蔵で首を吊(つ)って自殺したのが実説とされるが、良家の娘と奉公人の情死として評判になり、歌祭文(うたざいもん)に歌われ、戯曲でも多くの「お染久松物」を生んだ。浄瑠璃では紀海音(きのかいおん)の『お染久松袂(たもと)の白(しら)しぼり』(1711)が最初の作で、菅専助(すがせんすけ)作『染模様妹背門松(そめもよういもせのかどまつ)』(1767)、近松半二作『新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)』(1780)が有名。歌舞伎では『心中鬼門角(しんじゅうきもんのかど)』(1710)が最初の作で、4世鶴屋南北の『於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)』(1813)、舞踊劇『道行浮塒鴎(みちゆきうきねのともどり)』(1825)などが知られる。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おそめひさまつ【お染久松】

宝永五年(一七〇八)大坂瓦屋橋油屋の丁稚(でっち)久松が、主家の娘お染と情死した巷説を脚色した戯曲の通称。歌舞伎の「心中鬼門角(しんじゅうきもんかど)」(宝永七年大坂荻野八重桐座初演、中田猪同作)を最初とし、浄瑠璃の「お染久松袂の白しぼり」(正徳元年(一七一一)大坂豊竹座初演、紀海音作)、「染模様妹背門松(そめもよういもせのかどまつ)」(明和四年(一七六七)大坂北堀江市ノ側芝居初演、菅専助作)に続く「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」(安永九年(一七八〇)大坂竹本座初演。近松半二作)で大成された。「野崎村の段」が特に名高く、久松の許嫁(いいなずけ)お光が尼になる悲劇を添えた。以後の歌舞伎の「お染の段」「お染」「ちょいのせの善六」など、多くの作がその影響を受けている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

お染久松
おそめ ひさまつ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
宝暦8.1(江戸・中村座)

お染久松
(通称)
おそめ ひさまつ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
心中鬼門角 など
初演
宝永7.1(大坂・八重桐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お染久松の関連情報