コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お染久松 オソメヒサマツ

3件 の用語解説(お染久松の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おそめ‐ひさまつ【お染久松】

宝永5年(1708)に起こった大坂瓦屋橋(かわらやばし)油屋の娘お染と丁稚(でっち)久松の心中事件を題材にした浄瑠璃歌舞伎などの通称。浄瑠璃新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」、歌舞伎狂言お染久松色読販(うきなのよみうり)」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おそめひさまつ【お染久松】

1708年、大坂の油屋の娘お染と丁稚でつち久松とが、身分違いの恋から心中に至った巷説を脚色した作品類の通称。浄瑠璃「お染久松袂たもとの白しぼり」「新版歌祭文」、歌舞伎「是評判浮名読売これはひようばんうきなのよみうり」「お染久松色読販おそめひさまつうきなのよみうり」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お染久松
おそめひさまつ

浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)などの登場人物名。『戯場年表』や『実事譚(じつじたん)』などでは、1708年(宝永5)大坂・東堀の質店油屋の丁稚(でっち)久松が主家の幼女お染を誤って水死させ、申しわけに土蔵で首を吊(つ)って自殺したのが実説とされるが、良家の娘と奉公人の情死として評判になり、歌祭文(うたざいもん)に歌われ、戯曲でも多くの「お染久松物」を生んだ。浄瑠璃では紀海音(きのかいおん)の『お染久松袂(たもと)の白(しら)しぼり』(1711)が最初の作で、菅専助(すがせんすけ)作『染模様妹背門松(そめもよういもせのかどまつ)』(1767)、近松半二作『新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)』(1780)が有名。歌舞伎では『心中鬼門角(しんじゅうきもんのかど)』(1710)が最初の作で、4世鶴屋南北の『於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)』(1813)、舞踊劇『道行浮塒鴎(みちゆきうきねのともどり)』(1825)などが知られる。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

お染久松の関連キーワード和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵革堂十文銭代物替え関孝和智月尼ピット

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お染久松の関連情報