コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理メモリー ぶつりめもりー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

物理メモリー

システムにハードウェアとして搭載されているメモリー。たとえば16Mbytesのメモリーを搭載したシステムなら、そのシステムで利用可能な物理メモリーサイズは16Mbytesである。システムに接続されたメモリーは、アドレスのゼロ番地から順に、物理的なアドレスが割り振られる。この物理アドレスは、CPUが物理メモリーをアクセスする場合のアドレスになる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつり‐メモリー【物理メモリー】

physical memory》コンピューターシステムに実装されているメモリー。通常、搭載されたメーンメモリーのチップを指す。→仮想記憶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

物理メモリーの関連キーワードRapid Virtualization Indexingcommit chargeRAM Doublerエンハンスドモードスキャッタギャザープロセスメモリーコミットチャージワーキングセットページフォルトフラグメント仮想メモリースラッシング

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android