コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理メモリー ぶつりめもりー

2件 の用語解説(物理メモリーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

物理メモリー

システムにハードウェアとして搭載されているメモリー。たとえば16Mbytesのメモリーを搭載したシステムなら、そのシステムで利用可能な物理メモリーサイズは16Mbytesである。システムに接続されたメモリーは、アドレスのゼロ番地から順に、物理的なアドレスが割り振られる。この物理アドレスは、CPUが物理メモリーをアクセスする場合のアドレスになる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶつり‐メモリー【物理メモリー】

physical memory》コンピューターシステムに実装されているメモリー。通常、搭載されたメーンメモリーチップを指す。→仮想記憶

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物理メモリーの関連キーワードクローズドシステムシステム運用システムエンジニアシステム設計システムソフトウェアシステムダウンシステムディスクシステムハウスハイブリッドシステムシステム・プロダクト

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone