コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物着の合方 モノギノアイカタ

デジタル大辞泉の解説

ものぎ‐の‐あいかた〔‐あひかた〕【物着の合方】

歌舞伎下座音楽の一。主に時代物で、舞台上で着替えたり鎧(よろい)をつけたりする際に、大鼓・小鼓入りで演奏する合方

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものぎのあいかた【物着の合方】

歌舞伎の下座音楽の一。時代狂言で、舞台上で着物を着替えたり、鎧よろいをつける間をつなぐ合方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

物着の合方の関連キーワード時代狂言

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android