物覚ゆ(読み)モノオボユ

デジタル大辞泉の解説

もの‐おぼ・ゆ【物覚ゆ】

[動ヤ下二]
意識がしっかりしている。正気である。
「―・えずなりて、またいみじう泣かるれば」〈かげろふ・上〉
物心がつく。
「―・えてのち、さることをこそまだ見侍らね」〈大鏡・道長上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものおぼゆ【物覚ゆ】

下二
心が確かである。正気である。 いとかなしかりけるとて泣くを見るに-・えずなりて/蜻蛉
物心がつく。 - ・えてのち、さることをこそまだ見侍らね/大鏡 藤氏物語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もの【物】 覚(おぼ)

事を識別することができる。心がたしかである。正気である。
蜻蛉(974頃)上「ものおぼえずなりて、後のことどもはおぼえずなりぬ」
※増鏡(1368‐76頃)一七「来し方行くさきくれて、ものおぼゆる人もなし」
物心がつく。
※大鏡(12C前)五「物おぼえてのち、さることをこそまだみ侍らね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android