コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来し方 キシカタ

デジタル大辞泉の解説

き‐し‐かた【来し方】

[連語]《「き」は動詞「く(来)」の連用形、「し」は過去の助動詞「き」の連体形》
過ぎ去った時。過去。こしかた。「来し方を懐かしむ」
「―を思ひ出づるもはかなきを行く末かけて何頼むらむ」〈・総角〉
通りすぎてきた場所・方向。通過した所。こしかた。→こしかた(来し方)
「―を見やれば、うみづらに並べて集まりたる屋どもの前に」〈かげろふ・中〉

こ‐し‐かた【来し方】

[連語]《「こ」は動詞「く(来)」の未然形、「し」は過去の助動詞「き」の連体形》
過ぎ去った時。過去。きしかた。
「―は暗い苦悩(くるしみ)と悲痛(かなしみ)とに満たされていた」〈万太郎末枯
通り過ぎてきた場所・方向。
「―の山は霞(かす)み、はるかにて」〈須磨
[補説]1の意は、平安中期には「きしかた」を用いた。平安末期にはその区別がはっきりしなくなり、鎌倉時代に入ると12両意に「こしかた」が使われるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしかた【来し方】

( 連語 )
〔「き」は動詞「く(来)」の連用形、「し」は過去の助動詞「き」の連体形〕
過ぎ去った時。過去。こしかた。 「 -の事なども人知れず思ひ出でけり/源氏 夕顔
やってきた方向・経路。 「住吉の-慕ふあとの白波/新千載 雑上」 → こしかた

こしかた【来し方】

( 連語 )
〔「こ」は動詞「来」の未然形、「し」は助動詞「き」の連体形〕
通ってきた所・方向。 「 -の山は霞み、はるかにて/源氏 須磨
過ごしてきた時間。過去。 「身の罪を白状して、其-の事実を語りぬ/当世書生気質 逍遥」 〔平安時代中期まではは「こしかた」、は「きしかた」と区別されていたが、平安末期から乱れた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

来し方の関連キーワード中村 草田男来し方行く末当世書生気質ウォートンヘシオドス小山 敬三とやかくや小手を翳す過ぎ来し方松尾浩也福田英子逢魔が橋鎌倉時代ローベイ助動詞未然形連体形休らいはるか連語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来し方の関連情報