コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復命 フクメイ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐めい【復命】

[名](スル)命令を受けた者が、その経過や結果を報告すること。復申。
「詳細に調べ上げて天帝に―した」〈中勘助・鳥の物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくめい【復命】

( 名 ) スル
命令を受けて行なった事柄の経過や結末を報告すること。復申。 「 -書」 「社に帰つて、僕は得意で-した/ヰタ・セクスアリス 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

復命の関連キーワードアメノワカヒコ(天稚彦)ヰタセクスアリス天稚彦・天若日子返り言・返り事雉子の頓使いリュブリュキ中山伝信録琉球国志略国譲り神話物部菟代楢原陳政暗行御史万言の書武市熊吉天若日子伊吉博徳天穂日命ルブルク返り申し復性説

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

復命の関連情報