特称否定判断(読み)とくしょうひていはんだん

精選版 日本国語大辞典「特称否定判断」の解説

とくしょう‐ひていはんだん【特称否定判断】

〘名〙 (particular negative judgment の訳語) 定言的判断の一つ。主語のさし示す一部のものが主張内容に対して否定的な関係をもつような判断。「あるではない」の類。特称否定命題

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android