定言的判断(読み)ていげんてきはんだん

精選版 日本国語大辞典「定言的判断」の解説

ていげんてき‐はんだん【定言的判断】

〘名〙 (categorical judg(e)ment の訳語) 「もし天気なら、私は行く(仮言判断)」や「彼は大学生か会社員である(選言判断)」のような条件付きの判断に対して、「すべての人間は死ぬ」のように無条件で断定する判断。全称肯定・全称否定・特称肯定・特称否定判断を含む。定言判断。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「定言的判断」の解説

ていげんてき‐はんだん【定言的判断】

categorical judgement》論理学で、主語と述語との一定の関係を無条件的に立言する判断。「sはpである」「sはpでない」という形式をとる。定言判断。断言的判断。→仮言的判断選言的判断

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android