コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬の鬚 イヌノヒゲ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐の‐ひげ【犬の×鬚】

ホシクサ科の一年草。田や水辺に生え、高さ10~20センチ。葉は線形で、葉脈は網目状。秋、多数花茎を出し、中央に雄花、周りに雌花が集まった半球形の花をつけ、先のとがった(ほう)を多数もつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬのひげ【犬の鬚】

ホシクサ科の一年草。湿地に生える。高さ約15センチメートルで無毛、葉は束生し線形。葉間から多数の花茎を出し、秋、茎頂に半球状の頭状花序を単生し、小形の雌花と雄花とをつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

犬の鬚の関連キーワードホシクサ科頭状花序湿地

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android