コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬村大角 いぬむら だいかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬村大角 いぬむら-だいかく

滝沢馬琴の読み本「南総里見八犬伝」の登場人物。
里見八犬士のひとりで礼の玉をもつ。父赤岩一角をくい殺した山猫を討つ。安房(あわ)の里見家につかえ,御厨(みくりや)城主となった。作品は文化11年(1814)から天保(てんぽう)13年(1842)にかけて刊行。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

犬村大角の関連キーワード滝沢馬琴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android