コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬田小文吾 いぬた こぶんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬田小文吾 いぬた-こぶんご

滝沢馬琴の読み本「南総里見八犬伝」の登場人物。
里見八犬士のひとりで悌の玉をもつ。犬塚信乃,犬飼現八と知り合って,里見家につかえる。扇谷(おうぎがやつ)定正の軍の安房(あわ)侵攻に犬川荘介下総(しもうさ)行徳をまもる。のち安房那古(なこ)城主となった。作品は文化11年(1814)から天保(てんぽう)13年(1842)にかけて刊行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

犬田小文吾の関連キーワード滝沢馬琴

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android