コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犯人蔵匿等罪 ハンニンゾウトクトウザイ

デジタル大辞泉の解説

はんにんぞうとくとう‐ざい〔ハンニンザウトクトウ‐〕【犯人蔵匿等罪】

罰金刑以上の罪の被疑者拘禁中に逃走した者を、場所を提供してかくまったり(蔵匿)、逃げるのを助けたり(隠避(いんぴ))する罪。刑法第103条が禁じ、2年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられる。
[補説]後日、かくまうなどした被疑者が真犯人でないと分かった場合でも、本罪は成立する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

犯人蔵匿等罪の関連キーワード犯人隠避罪補説

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android