コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂する キョウスル

デジタル大辞泉の解説

きょう・する〔キヤウする〕【狂する】

[動サ変][文]きゃう・す[サ変]
正気を失う。気が狂う。
「忽ち眼を刮して又閉じ、其状―・するが如く」〈織田訳・花柳春話
狂ったように夢中になる。熱中する。
「句に熱し詩に―・するのあまり」〈漱石・思ひ出す事など〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうする【狂する】

( 動サ変 ) [文] サ変 きやう・す
精神の平衡を失う。 「其状-・するが如く/花柳春話 純一郎
常軌を逸したように、一つの物事に夢中になる。 「世を挙りて霊界に-・する時は/希臘思潮を論ず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狂するの関連キーワードフォックス(George Fox)ワールドカップ名月八幡祭エキサイト三輪ひとみDJポリスフィーバー沸き立つ田村マミ吉行由実甘利晴吉マンセー謝花昇熱狂挙る鬱憂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android