常軌(読み)ジョウキ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐き〔ジヤウ‐〕【常軌】

つねにふみ行うべき道。普通のやり方や考え方。常道。「常軌を失った行動」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐き ジャウ‥【常軌】

〘名〙
① ふつうに踏むべき道。常に行なうべき道。常道。
※硝酸銀(1966)〈藤枝静男〉六「すべてが常軌に従うことを拒否した校長の恣意によって」 〔北史‐韓麒麟伝〕
② ふつうであること。尋常。
※美濃浪人(1966)〈司馬遼太郎〉「母親はもはや常軌ではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常軌の関連情報