狐鯛(読み)きつねだい

精選版 日本国語大辞典「狐鯛」の解説

きつね‐だい ‥だひ【狐鯛】

〘名〙 ベラ科の海産魚。全長約四〇センチメートル。体は紡錘形扁する。口が突き出てとがっているところからこの名がある。体は赤色で腹面は淡くなる。背びれに大きな黒斑がある。食用になるが美味ではない。南日本の沿岸岩礁域に分布。きつねべら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「狐鯛」の解説

狐鯛 (キツネダイ)

動物。ベラ科の海水魚。キツネベラの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android