黒斑(読み)クロフ

  • くろぶち
  • くろまだら
  • こくはん
  • 黒▽斑
  • 黒▽斑/黒×駁

大辞林 第三版の解説

黒色の斑点はんてん
タカの羽で、黒色の斑があるもの。矢羽根に用いる。
黒い斑点。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 黒い斑点(はんてん)
※正治初度百首(1200)冬「ふぶきするかた野の原をかり行けばくろふのたかのゆきにまがはぬ〈藤原隆房〉」
② 黒い斑のある鷲の羽。矢羽に用いる。
③ サボテンの茎などの淡緑色の地に出る濃緑色のまだら模様。墨斑(すみふ)
〘名〙 動物の体色などで、黒色が所々に混じっていること。また、そのもの。
※書紀(720)皇極三年七月(岩崎本訓)「此虫は〈略〉其の色、緑(みとり)にして有黒点(クロマタラ)なり」
〘名〙 黒色のまだら。黒い斑点。
※本朝食鑑(1697)五「鴈〈略〉鴈蒼黒而腹有黒斑

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒斑の関連情報