コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野氏 かのううじ

世界大百科事典 第2版の解説

かのううじ【狩野氏】

数流あるが,とくに著名なのは伊豆国の中世武家。(1)伊豆国狩野庄に住んだ在庁官人。藤原氏南家流武智麻呂の四男乙麿の子孫で,伊東氏,工藤氏,河津氏と同族。伊東家次の四男茂光が工藤介,その子の宗茂が狩野介を称した。《尊卑分脈》では宗茂の弟行光の子孫,《系図綜覧》では行光の弟の親光もまた狩野を称したとある。茂光は1180年(治承4)の源頼朝の挙兵に従って伊豆山中で自殺したという。《吾妻鏡》には,親光のほか,宣安,宗茂,行光,光広,為広,景茂などの名が見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

狩野氏の関連キーワードいすみ(市)狩野内膳渡辺了慶狩野永納二階堂氏狩野山雪狩野山楽大聖寺城谷等閑斎狩野正信狩野永錫狩野梅雲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android