コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田 ふくだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福田
ふくだ

長崎県南西部,長崎市の市街地西部にあり,角力灘に面する集落。旧村名。 1955年長崎市に編入。福田浦と呼ばれる小湾入は永禄8 (1565) 年から元亀2 (71) 年の長崎開港までの間,一時的に対ポルトガル貿易港となった。現在は長崎市郊外のレクリエーション地区で遊園地や海水浴場があり,港には遊漁船も多い。

福田
ふくで

静岡県南西部,磐田市南東部の旧町域。遠州灘に臨む。 1926年町制。 1955年南御厨村の一部を編入したのち,豊浜村と合体。 1957年於保村の一部を編入。 2005年磐田市,竜洋町,豊田町,豊岡村の4市町村と合体して磐田市となった。中心集落の福田は太田川,今ノ浦川の自然堤防上に発達。明治初年頃から帆布,足袋地の製造が多かった。昭和期には別珍,コール天生産が盛んで,現在も国内有数の生産高を誇る。福田港はかつては遠州灘沿いで数少ない廻船の寄港地の一つであった。海岸沿いの砂丘では温室メロンなどの栽培が行なわれている。太田川河口付近にはウナギの養殖場,シラス加工の工場がある。一部は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

福田
ふくでん
puṇya-kṣetra

原義は「福徳を生じる田畑」の意。仏や僧など,敬うと多くの福徳が得られるものを敬田 (きょうでん) ,父母や師など,恩に報いなくてはならないものを恩田,貧者や病人など,憐れむべきものを悲田といい,以上を三福田とする。その他二福田,四福田,八福田などを数える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐でん【福田】

田が実りを生じるように、福徳を生じるもとになるもの。仏・僧・父母・師・貧者・病者など。→三福田
霊域。聖域。
「小石だも掃ひし―ながら」〈読・雨月仏法僧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくでん【福田】

仏教の用語。福徳を生み出す田地の意。田に種子をまくと収穫があるように,仏,僧,父母,貧窮者などに布施すると,未来に功徳が得られるとして,布施する対象を福田といった。三福田(敬田,恩田,悲田)とか八福田など,その数え方はさまざまであるが,なかでも重要なのは,苦しみ悩む者(悲田)の救済事業であって,悲田養病坊,悲田院などが設けられた。また橋の建設,義井の開掘など諸種の社会事業も,この思想に基づいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくだ【福田】

姓氏の一。

ふくでん【福田】

〘仏〙 〔福徳を生じる田の意〕 仏法僧・父母・貧者など、供養・尊敬あるいは施与されるべき対象。 → 三福田八福田
福徳を生じる物事を田にたとえていう。 「一切の能力の-である/元始女性は太陽であつた 雷鳥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の福田の言及

【甘木[市]】より

…福岡県中部の市。1954年甘木町,秋月町と安川,上秋月,立石,三奈木,金川,蜷城(ひなしろ),福田,馬田の8村が合体,市制。人口4万2702(1995)。…

【僧】より

…とりわけ農村部においては,還俗僧が民衆仏教儀礼のなかで指導的役割を演じ,サンガと一般社会を媒介する重要な機能を果たすことが多い。戒律を正しく守る僧の集り(サンガ)は〈福田puññakkhetta〉と呼ばれる。そこにまいた種は功徳puññaの実を結んで人びとに喜びをもたらすと信じられる。…

※「福田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福田の関連情報