コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興良親王 おきよししんのう

2件 の用語解説(興良親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興良親王 おきよししんのう

?-? 南北朝時代,護良(もりよし)親王の王子。
祖父後醍醐(ごだいご)天皇の養子となり,親王となった。南朝の征夷大将軍に任じられ,北畠親房に常陸(ひたち)(茨城県)にむかえられる。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)赤松氏範(うじのり)とともに北朝方に通じ,大和賀名生(あのう)の南朝の行宮(あんぐう)を焼き討ちし,追討をうけて逃走。別名に大塔若宮,赤松宮。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

興良親王

生年:生没年不詳
南朝の皇族で,後醍醐天皇の皇子護良親王の子。母は大納言東宮大夫師兼の娘とも北畠親房の妹ともいうが定かではない。大塔若宮,赤松宮,常陸親王宮とも称される。祖父の後醍醐天皇の猶子となり親王宣下。南朝から征夷大将軍に任じられ,暦応4/興国2(1341)年常陸国(茨城県)小田城に着き,すでに入城していた北畠親房に迎え入れられた。関,大宝両城陥落後は駿河国(静岡県)の豪族狩野貞長を頼り,各地の武士に檄を飛ばした。延文5/正平15(1360)年配下の赤松氏範と共に足利義詮に通じ,大和(奈良県)賀名生の行宮を焼いたため,南朝の討伐を受け,その後消息を断った。一説には信濃国(長野県)大河原で没したともいう。<参考文献>菅政友『南山皇胤譜』

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

興良親王の関連キーワード金崎宮鎌倉宮良成親王成良親王八代宮井伊谷宮慶子内親王顕円世良親王業良親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone