コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興良親王 おきよししんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興良親王 おきよししんのう

?-? 南北朝時代,護良(もりよし)親王の王子。
祖父後醍醐(ごだいご)天皇の養子となり,親王となった。南朝征夷大将軍に任じられ,北畠親房に常陸(ひたち)(茨城県)にむかえられる。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)赤松氏範(うじのり)とともに北朝方に通じ,大和賀名生(あのう)の南朝の行宮(あんぐう)を焼き討ちし,追討をうけて逃走。別名に大塔若宮,赤松宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

興良親王

生年:生没年不詳
南朝の皇族で,後醍醐天皇の皇子護良親王の子。母は大納言東宮大夫師兼の娘とも北畠親房の妹ともいうが定かではない。大塔若宮,赤松宮,常陸親王宮とも称される。祖父の後醍醐天皇の猶子となり親王宣下。南朝から征夷大将軍に任じられ,暦応4/興国2(1341)年常陸国(茨城県)小田城に着き,すでに入城していた北畠親房に迎え入れられた。関,大宝両城陥落後は駿河国(静岡県)の豪族狩野貞長を頼り,各地の武士に檄を飛ばした。延文5/正平15(1360)年配下の赤松氏範と共に足利義詮に通じ,大和(奈良県)賀名生の行宮を焼いたため,南朝の討伐を受け,その後消息を断った。一説には信濃国(長野県)大河原で没したともいう。<参考文献>菅政友『南山皇胤譜』

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

興良親王の関連キーワード南北朝時代小山朝郷春日顕国大宝城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android