コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野貞長 かのう さだなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野貞長 かのう-さだなが

?-? 南北朝時代の武将。
駿河(するが)(静岡県)安倍城主。建武(けんむ)の新政権の武者所につかえる。南朝方として入江氏,蒲原(かんばら)氏とともに安倍城で挙兵康永3=興国5年(1344)ごろ興良(おきよし)親王を,のち宗良(むねよし)親王を城にむかえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の狩野貞長の言及

【狩野氏】より

…数流あるが,とくに著名なのは伊豆国の中世武家。(1)伊豆国狩野庄に住んだ在庁官人。藤原氏南家流武智麻呂の四男乙麿の子孫で,伊東氏,工藤氏,河津氏と同族。伊東家次の四男茂光が工藤介,その子の宗茂が狩野介を称した。《尊卑分脈》では宗茂の弟行光の子孫,《系図綜覧》では行光の弟の親光もまた狩野を称したとある。茂光は1180年(治承4)の源頼朝の挙兵に従って伊豆山中で自殺したという。《吾妻鏡》には,親光のほか,宣安,宗茂,行光,光広,為広,景茂などの名が見える。…

※「狩野貞長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩野貞長の関連キーワード南北朝時代興良親王駿河

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android