狩野雅楽助(読み)かのううたのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野雅楽助
かのううたのすけ

室町時代末期の画家。狩野正信嫡子で之信の名で知られ,「もう隠」の長方印を使用。兄 (一説に弟) 元信に似た画風をもち,大徳寺大仙院客殿『四季耕作図』襖絵,『三酸図』 (東京国立博物館) などの作者とされるが,伝記,画跡ともに不明な点が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android