コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独眼竜 ドクガンリュウ

大辞林 第三版の解説

どくがんりゅう【独眼竜】

〔中国、五代後唐の太祖李克用の異名から〕
片目の英雄。特に、伊達政宗をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の独眼竜の言及

【伊達政宗】より

…和歌,茶道,能楽に長じ,書をよくし,豪華を好み,人の意表に出ることが多かった。幼少のころ右眼を失明し,長じては〈独眼竜〉と畏敬されたが,死後造る肖像には両眼をそなえよと遺言したという。1974年瑞鳳殿(戦災で焼失)の再建工事に際して行われた調査によれば身長159.4cm,同時代の日本人の平均を示し,面長で鼻すじの通った貴族的な容貌をうかがわせ,手足は骨太であった。…

※「独眼竜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独眼竜の関連キーワード東北合神ミライガーいかりや 長介伊達政宗(2)ジェームス三木金田 龍之介片岡愛之助大河ドラマ牟田 悌三勝 新太郎河野 寿一大木 実福田沙紀五大路子横内謙介三浦友和岩下志麻鈴木利典中沢青六上原健太葛西和雄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独眼竜の関連情報