五代史(読み)ごだいし(英語表記)Wu-dai-shi; Wu-tai-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五代史
ごだいし
Wu-dai-shi; Wu-tai-shih

中国で,天祐4 (907) 年から建隆1 (960) 年までの間に興亡した五代史書。『旧五代史』と『新五代史』とがあり,ともに正史。前者は北宋薛居正らの奉勅撰で 150巻。後者は『五代史記』ともいわれ,北欧陽修の撰で 74巻。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいし【五代史 Wǔ dài shǐ】

中国,後梁・後唐後晋・後漢・後周の五代(907‐960)の正史で,旧・新の2種がある。(1)《旧五代史》は150巻で,宋の薛居正(せつきよせい)ら奉勅撰。各王朝ごとに本紀列伝があり,合計本紀61巻,列伝77巻,ほかに志12巻があり,南方の十国については僭偽列伝として叙述している。(2)《新五代史》はもともと《五代史記》と称し,74巻で宋の欧陽修撰。5王朝を通して書き,本紀12巻と列伝45巻,志にあたる考は3巻だけであるが,十国については十国世家と年譜を設けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android