コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片目 カタメ

世界大百科事典 第2版の解説

かため【片目】

神話,昔話などに現れる他界・彼岸の住人,あるいはその世界と交渉をもつ者は,しばしば正常のものとは違った,ゆがんだ姿を与えられている。その異形のあり方は,小人巨人,半人半獣,片足,片目など多様だが,いずれもこの世ならぬ異次元の世界に対する人々の畏怖,戦慄を表現している。ギリシア神話では一つ目の巨人キュクロプスが有名。片目というと日本では〈片目の魚〉の話が各地に広く流布している。それは鯉であったり鮒であったりするが,そのすむ池や川は多くが社寺と関係をもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かため【片目】

片方の目。一方の目。
片目しか見えないこと。また、その人。
〔女房詞〕 ヒラメ、またはカレイ。〔御湯殿上 文明一六
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の片目の言及

【一つ目】より

…〈ひとつまなこ〉ともいう。両眼のうち一つを盲(めしい)にした片目も,のちに一つ目とされ,両者は混同されるようになった。
[日本]
 一つ目の古い事例では,《古事記》や《古語拾遺》の中の天目一箇命(あめのまひとつのみこと)や,《出雲国風土記》《今昔物語集》などにみえる人を食った一つ目の鬼があげられる。…

【一つ目小僧】より

…山野で通りすがりの人を脅かすといって恐れられる。単眼か片目かの区別ははっきりしない。姿も7~8歳の童児であったり,大入道と伝えるところや,片足片目の山の神という伝承もある。…

※「片目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

片目の関連キーワードヴィクトール ブラウネル遊泳休息と半球睡眠市川高麗蔵(6代)モシェ ダヤンケティ フラド網膜芽細胞腫片目を入れる片目が開くひょっとこカモンイス片目が明く初日が出る一つ目小僧テータム山本勘助テイタムブランド御湯殿上ロレンソエケベリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片目の関連情報