狭軌(読み)キョウキ

大辞林 第三版の解説

きょうき【狭軌】

鉄道のレールの間隔が標準軌間(1435ミリメートル)より狭いもの。日本の鉄道の多くは1067ミリメートルを用いている。ナローゲージ。 ⇔ 広軌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐き ケフ‥【狭軌】

〘名〙 間が、一四三五ミリメートルの標準軌より狭い鉄道線路をいう。JRの在来線では一〇六七ミリメートルを用いている。狭軌間。⇔広軌。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の狭軌の言及

【鉄道】より

… 車両は2本のレールによってその直角方向には車輪が落ちないように誘導されて走行するが,この際左右レールの間隔は一定に保たれていなければならない。左右のレールの頭部内側面間の最短距離を軌間といい,軌間1435mmのものを標準軌,それより大きいものを広軌,小さいものを狭軌と称している。広軌は狭軌に比べて車両の走行安定性がよく,高速走行に対しても有利であるが,反面,建設費,運営費が高くなる欠点がある。…

※「狭軌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狭軌の関連情報