広軌(読み)コウキ

大辞林 第三版の解説

こうき【広軌】

鉄道レールの幅が標準軌間(1435ミリメートル)を超えるもの。 ⇔ 狭軌 〔新幹線は1435ミリメートルであるが、他の鉄道より広いため広軌ということがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐き クヮウ‥【広軌】

〘名〙 鉄道で、平行して敷設される二本のレールの間の幅が標準軌間(一四三五ミリメートル)よりも広い軌道。ただし、日本では新幹線以外のJRの軌間(一〇六七ミリメートル)を基準として、それより広いものをさしていう。また、その鉄道。⇔狭軌。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の広軌の言及

【鉄道】より

…それらの中で,日本やドイツでは,侵略戦争の支配地域を中心に,広大な地域にわたる鉄道網を構想した。日本政府が構想し,実行に移した東京~下関間の広軌新幹線(弾丸列車)計画は,関釜トンネルの掘削による東アジア交通体系の形成という構想に連なるものであった。日本政府には,さらに〈防共鉄道〉の名のもとに,ソ連の南側を通ってアジア大陸を横断し,ナチス・ドイツと結ぶ鉄道の建設計画が鉄道関係者から進言されていた。…

※「広軌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android