標準軌間(読み)ヒョウジュンキカン

  • ひょうじゅんきかん ヘウジュン‥
  • ひょうじゅんきかん〔ヘウジユン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鉄道線路の一対のレールの頭部内面間の最短距離(軌間)が一・四三五メートルであること。世界的に最も広く用いられているもので、日本の新幹線もこれを採用している。在来線は軌間一・〇六七メートルの狭軌を採用している。標準ゲージ。〔新しき用語の泉(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android