狼子野心(読み)ロウシヤシン

  • ×狼子野心
  • ろうしやしん ラウシ‥
  • ろうしやしん〔ラウシ〕

大辞林 第三版の解説

左伝 宣公四年
狼の子は人になれず飼いにくいことから、凶暴で教化し難いことにいう。また、謀反の心をもつことや身分不相応な望みをもつことにもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (狼(おおかみ)の子は飼われていても野性の気質を失わず、いつまでも人になつかないという意から) すきを見ては人に危害を加えようとする心。害心を持つもののたとえ。また、身分不相応の望みもいう。〔春秋左伝‐宣公四年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

すきを見ては人に危害を加えようとする心。害心を持つもののたとえ。また、身分不相応の望みもいう。

[解説] 狼の子は飼われていても野性の気質を失わず、いつまでも人になつかないという意から。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android