狼子野心(読み)ろうしやしん

精選版 日本国語大辞典「狼子野心」の解説

ろうし‐やしん ラウシ‥【狼子野心】

〘名〙 ((おおかみ)の子は飼われていても野性気質を失わず、いつまでも人になつかないというから) すきを見ては人に危害を加えようとする心。害心を持つもののたとえ。また、身分不相応の望みもいう。〔春秋左伝‐宣公四年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「狼子野心」の解説

狼子野心

すきを見ては人に危害を加えようとする心。害心を持つもののたとえ。また、身分不相応の望みもいう。

[解説] 狼の子は飼われていても野性の気質を失わず、いつまでも人になつかないという意から。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「狼子野心」の解説

ろうし‐やしん〔ラウシ‐〕【×狼子野心】

《「春秋左伝」宣公四年から。狼(おおかみ)の子は飼われていても、生来の野性のために飼い主になかなかなれない意から》人になれ従わず、ともすれば危害を加えようとする心。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android