コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野性 ヤセイ

デジタル大辞泉の解説

や‐せい【野性】

自然のままの性質本能のままの性質。「野性をとりもどした動物」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やせい【野性】

(野生動物の)生まれたままの本能むき出しの荒っぽい性質。教育などによって変えられていない、本能のままの性質。 〔同音語の「野生」は動植物が山野に自然に成長・生育することであるが、それに対して「野性」は自然のまま、または本能のままの性質のことをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

野性の関連キーワードトム・ド・サヴォア・オ・キュマンカリフォルニア・スパングルアイリッシュミュージックアンラッキーヤングメンオリンボス山国立公園ツイズミュア州立公園仮面ライダーアマゾンターニー ウェルチビョルン ロンゲンケチコ州立公園小説 野性時代アフロポップ星影のステラ野性の呼び声あにいもうとコッキアーラサイベリアンファンダンゴ荒野の呼び声ソバージュ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野性の関連情報