野性(読み)ヤセイ

大辞林 第三版の解説

やせい【野性】

(野生動物の)生まれたままの本能むき出しの荒っぽい性質。教育などによって変えられていない、本能のままの性質。 〔同音語の「野生」は動植物が山野に自然に成長・生育することであるが、それに対して「野性」は自然のまま、または本能のままの性質のことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐せい【野性】

〘名〙 自然または本能のままの性質。また、粗野な性質。
※星巖集‐丙集(1837)京甸集・元日「野性雖然疎礼法、也追里巷王正
一年有半(1901)〈中江兆民〉二「然ども此物や一種先天的野性にして」 〔銭起‐幽居春暮書懐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野性の関連情報