コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪子止戈之助 いのこ しかのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪子止戈之助 いのこ-しかのすけ

1860-1944 明治-昭和時代前期の外科学者。
万延元年生まれ。明治20年京都府医学校校長となり,翌年日本で最初の喉頭(こうとう)がん手術に成功。24年大津事件で負傷したロシア皇太子(のちのニコライ2世)を治療。32年京都帝大医科大学の創設時に教授,付属医院院長となった。昭和19年1月31日死去。85歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

猪子止戈之助の関連キーワードニコライ猪子吉人