コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪子止戈之助 いのこ しかのすけ

1件 の用語解説(猪子止戈之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪子止戈之助 いのこ-しかのすけ

1860-1944 明治-昭和時代前期の外科学者。
万延元年生まれ。明治20年京都府医学校校長となり,翌年日本で最初の喉頭(こうとう)がん手術に成功。24年大津事件で負傷したロシア皇太子(のちのニコライ2世)を治療。32年京都帝大医科大学の創設時に教授,付属医院院長となった。昭和19年1月31日死去。85歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

猪子止戈之助の関連キーワード大竹貫一川崎善三郎小山善志賀山せい(6代)鳥居清種(2代)中村寛澄林仙之松田南溟山名義路綿野吉二

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone