猪飼道夫(読み)いかい みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「猪飼道夫」の解説

猪飼道夫 いかい-みちお

1913-1972 昭和時代後期の生理学者。
大正2年5月28日生まれ。昭和25年お茶の水女子大教授,32年東大教授。運動生理を追究し,37年トレッドミル(自動式無限走行盤)を日本にはじめて導入した。昭和47年1月3日死去。58歳。愛知県出身。東京帝大卒。著作に「体育生理学序説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android