コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪飼 いかい

1件 の用語解説(猪飼の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いかい【猪飼】

伊勢国の地名。現在は三重県桑名郡多度町。肱江(ひじえ)川の北岸に位置。力尾(ちからお),北猪飼とともに猪飼三ヵ村と呼ばれたこともある。近隣に《延喜式》神名帳の名神大社多度神社および同神宮寺をもち,その神領地として祭祀等にかかわった。1794年(寛政6)の《多度神大祭御神事規式簿》によれば,5月5日の大祭に際し,猪飼三ヵ村を含む7ヵ村の氏子が往古の神領民として神事を勤仕している。近世は桑名藩領。現在,北猪飼に中世城郭跡が残るが,中世後期の当地方は室町幕府御料所を中心に国人層による北方一揆が成立しており,この猪飼城はそのメンバー小串氏の城郭と推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猪飼の関連情報