コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪飼 いかい

世界大百科事典 第2版の解説

いかい【猪飼】

伊勢国の地名。現在は三重県桑名郡多度町。肱江(ひじえ)川の北岸に位置。力尾(ちからお),北猪飼とともに猪飼三ヵ村と呼ばれたこともある。近隣に《延喜式》神名帳の名神大社多度神社および同神宮寺をもち,その神領地として祭祀等にかかわった。1794年(寛政6)の《多度神大祭御神事規式簿》によれば,5月5日の大祭に際し,猪飼三ヵ村を含む7ヵ村の氏子が往古の神領民として神事を勤仕している。近世は桑名藩領。現在,北猪飼に中世城郭跡が残るが,中世後期の当地方は室町幕府御料所を中心に国人層による北方一揆が成立しており,この猪飼城はそのメンバー小串氏の城郭と推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

猪飼の関連キーワード朝鮮と日本に生きるチョコレートガール猪養・猪飼・猪甘碓井次郎左衛門女は袂を御用心隣の屋根の下限りなき舗道大喜多泰山山代之猪甘夜ごとの夢君と別れて青空に泣く猪飼 嘯谷田中芹坡川北梅山小島省斎近藤簣山早崎巌川仁科白谷渡辺弗措

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪飼の関連情報