コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小串氏 おぐしうじ

1件 の用語解説(小串氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おぐしうじ【小串氏】

藤原姓河村氏の流という。承久の乱のとき小串五郎が幕軍に属し戦傷を負っている。鎌倉中期には近江国檜物荘地頭,末期には北条庶族常葉範貞の家臣となり,六波羅探題の検断頭人として,あるいは播磨などの守護代として権力をふるう。正中の変(1324)では,小串範行多治見国長(後醍醐天皇方)を攻め自殺させた。また六波羅に仕えた小串範秀の和歌は《玉葉和歌集》《続千載和歌集》などに採られている。建武政権では武者所に小串秀信の名が見えるが,その後小串氏は足利氏に属すことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone