小串氏(読み)おぐしうじ

世界大百科事典 第2版の解説

おぐしうじ【小串氏】

藤原姓河村氏の流という。承久の乱のとき小串五郎が幕軍に属し戦傷を負っている。鎌倉中期には近江国檜物荘地頭,末期には北条庶族常葉範貞の家臣となり,六波羅探題の検断頭人として,あるいは播磨などの守護代として権力をふるう。正中の変(1324)では,小串範行が多治見国長(後醍醐天皇方)を攻め自殺させた。また六波羅に仕えた小串範秀和歌は《玉葉和歌集》《続千載和歌集》などに採られている。建武政権では武者所に小串秀信の名が見えるが,その後小串氏は足利氏に属すことになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android