コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小串氏 おぐしうじ

1件 の用語解説(小串氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おぐしうじ【小串氏】

藤原姓河村氏の流という。承久の乱のとき小串五郎が幕軍に属し戦傷を負っている。鎌倉中期には近江国檜物荘地頭,末期には北条庶族常葉範貞の家臣となり,六波羅探題の検断頭人として,あるいは播磨などの守護代として権力をふるう。正中の変(1324)では,小串範行多治見国長(後醍醐天皇方)を攻め自殺させた。また六波羅に仕えた小串範秀の和歌は《玉葉和歌集》《続千載和歌集》などに採られている。建武政権では武者所に小串秀信の名が見えるが,その後小串氏は足利氏に属すことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小串氏の関連キーワード大内守護承久記承久の乱明徳記院の西面河村佐渡院瀬戸井広明遠山景朝藤原朝俊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone