コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿若三座

1件 の用語解説(猿若三座の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

猿若三座

天保の改革(1841〜43)で江戸幕府は、勘三郎を座元とする中村座をはじめ、市村座、森田座の「江戸三座」を、人形操り芝居の薩摩座や結城座などと共に、浅草の猿若町へ強制的に移した。芝居小屋を江戸中心部からへんぴな浅草の外れに移すことで封じ込めを図ったが、浅草観音や吉原遊郭に近いこともあって、江戸唯一の劇場街となった猿若町は空前のにぎわいをみせる。猿若三座明治時代初期まで続いた。

(2006-05-19 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿若三座の関連キーワード大御所時代寛政の改革棄捐令享保の改革上知令側用人天保の改革人返し連歌始め改革派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone