開場(読み)カイジョウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐じょう〔‐ヂヤウ〕【開場】

[名](スル)
劇場や会場などを開いて人を入場させること。「五時に開場する」⇔閉場
新しい建物・施設などを公開すること。「十月の開場めざして工事を急ぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいじょう【開場】

( 名 ) スル
会合や催し物などで、会場を開いて人々を入れること。 ⇔ 閉場 「正午に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐じょう ‥ヂャウ【開場】

〘名〙 特定の場所、建物などを公開すること。また、集会や催し物などを行なうため、特定の日、また時刻に会場を開いて人々を入れること。
※新聞雑誌‐一八号・明治四年(1871)一〇月「先日より技場結構(ばしょごしらへ)に及び愈近日より開場(カイジャウ)せる由」 〔班固‐西都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開場の関連情報