獲加多支鹵大王(読み)わかたけるだいおう

百科事典マイペディアの解説

獲加多支鹵大王【わかたけるだいおう】

埼玉県行田(ぎょうだ)市の稲荷山古墳出土鉄剣銘に記された辛亥年(471年)当時の大王。雄略天皇の諱を大泊瀬幼武(おおはつせわかたけ)といい,478年の上表文で知られる倭王武が雄略とされることから,この大王も雄略天皇とする説が有力。なおこの鉄剣銘により,熊本県江田船山古墳出土大刀の銘文をワカタケルと読むことが判明。
→関連項目反正天皇大和政権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の獲加多支鹵大王の言及

【雄略天皇】より

…5世紀後半の天皇。允恭天皇の子,母は忍坂大中姫。諱(いみな)はワカタケル(幼武,若建),宮は大和泊瀬朝倉宮。陵は河内丹比高鷲原(たじひのたかわしのはら)陵と伝える。記紀によると,治世中,天皇権力に干渉していた葛城臣,吉備臣など〈臣姓豪族〉を没落させ,はじめて大臣(おおおみ)・大連(おおむらじ)制を定め,大伴連,物部連らを登用し,いわゆる〈連姓豪族〉によって朝廷の組織を確立する端緒をひらいた。また,葛城山で一言主(ひとことぬし)神と会い,狩りを競い,神が天皇を現人神として侍送したので,百姓らは天皇の徳をたたえたといい,河内の志幾大県主(しきのおおあがたぬし)が堅魚木(かつおぎ)を家に上げて天皇の殿舎に擬したので怒り,この家を焼いたとあるなど,天皇の権威の成立を示す説話がある。…

※「獲加多支鹵大王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android