コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和政権 ヤマトセイケン

デジタル大辞泉の解説

やまと‐せいけん【大和政権】

大和および河内(かわち)を中心とする諸豪族連合政権。大王(おおきみ)とよばれる首長を盟主に、畿内地方から4世紀中ごろには西日本を統一し、4世紀末には朝鮮に進出。種々の技術を持つ渡来人を登用し、5世紀末から6世紀ごろには部民制・氏姓制度による支配機構が成立し、国・県(あがた)による地方統治組織が整えられ、大化の改新を経て律令国家へとつながっていった。大和朝廷大和王権

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大和政権【やまとせいけん】

4世紀から7世紀半ば頃までの,大和(奈良県)を中心とする畿内政治勢力の連合体。従来〈大和朝廷〉といったが,まだ統一国家の政府を意味する朝廷の成立はなかったと考えられることから,最近では大和政権または大和王権とよんでいる(但し,ヤマトを大和と表記するのは奈良時代以降)。
→関連項目アイヌ奄美大島大王息長日本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やまとせいけん【大和政権】

大和の奈良盆地を中心とする畿内の首長連合。その起源は邪馬台国の理解によって変わってくるが、遅くとも四世紀には畿内最大の政治勢力としての地位を確立。五世紀から六世紀にかけてその基本的支配方式として部民制・氏姓制を創出してその基盤を固め、地方支配を強化。六世紀から七世紀にかけての東アジア世界の変貌の中で大化の改新を契機として律令国家への変革を遂げた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大和政権の関連情報